« 外で買ってチャージすることで利用出来るPSNカード/チケット | トップページ | 嫌いという感情 »

2014年9月23日 (火)

歌曲に乗せて~思想・感情・情報の暗記・暗証~

昨日、戸田金一『国民学校-皇国の道-』、吉川弘文館、1997年をだ~~っと読んだ。その中で「皇国の道=天皇制国家を支える臣民育成への教育活動」を支えるものとして、歌が使われていたと書いてあった。
歌。たしかに、歌や節にすると、覚えにくいものも暗記・暗証してしまう。最近では「かけ算の歌」というのがあって、クラスの子どもたちも喜んで歌い、九九を暗記していったのを目の当たりにした。
「絵描き歌」というのもあった。このQちゃんは、いきなり家内が歌いながら書き出したもの。幼少の頃覚えた手順を、今なお歌うことによって再現できる。驚いた。「はい、Qちゃんを書け」といわれてもなかなか上手く描けないぞ。歌って、やっぱりすごいと思った。
年の瀬。レコード大賞や歌合戦などで、いろいろな歌が流れると思う。紅白の曲目を見ても、新しい歌とは限らず、ベストセラーになった曲が並ぶ。視聴者は、歌に乗せられた「感情」を欲するからだろう。いい歌は時を越える。堀内孝雄の「愛しき日々」は大好きだ。夏川りみの「涙そうそう」は、亡母が大好きだったな。格闘技よりは、歌で振り返る年の瀬のほうが、僕は好きだ。
歌曲には効能がある。当たり前なのだが、あらためて様々なところに使われているのを実感した。

« 外で買ってチャージすることで利用出来るPSNカード/チケット | トップページ | 嫌いという感情 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2058637/57526111

この記事へのトラックバック一覧です: 歌曲に乗せて~思想・感情・情報の暗記・暗証~:

« 外で買ってチャージすることで利用出来るPSNカード/チケット | トップページ | 嫌いという感情 »